フリーランスに向いている人は?知っておくだけで成功につながる9つの特徴

フリーランスとして働き方をシフトしたいと考えている方の中には「自分はフリーランスに向いているのかな?」と不安を抱く方もいるのではないでしょうか。

また、好きな場所で好きな時間に働けるイメージのあるフリーランスですが、実際はどうなのか気になるところです。

この記事では、フリーランスに向いている人の特徴、フリーランスとして働くメリットなど、役立つ情報を徹底解説していきます。フリーランスの働き方に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

55%以上が月額100万円以上!

目次

フリーランスに向いている人の特徴や性格9選

フリーランスに向いている人の特徴や性格は下記9つです。

  • 自発的に行動ができる人
  • 高い専門的なスキルを持っている人
  • 責任感を持って仕事に取り組める人
  • 向上心が高い人
  • 変化に対応できる人
  • オンとオフの切り替えが上手い人
  • 自由に仕事を進めたい人
  • お金の管理ができる人

フリーランスは積極的な行動や仕事の管理などを自分でする必要があり、自発的に行動ができる人や自己管理能力が高い人などがフリーランスに向いています。

自発的に行動ができる人

フリーランスは自分から行動していかないと仕事が獲得できないため、自発的に行動できる人が向いています。フリーランスは仕事を自分の力で獲得する必要があり、仕事に必要なスキルの習得や営業活動などを自分から積極的に進めていくことが求められます。

自発的に行動できる人でないと仕事が獲得できずに収入が得られないため、生活できなくなる可能性があります。よって、自発的に行動できる人がフリーランスに向いています。

高い専門的なスキルを持っている人

フリーランスは、仕事を獲得するために高い専門的なスキルを持っている人が向いています。フリーランスは自分のスキルや実績をアピールして仕事を獲得するため、専門的なスキルを持っていないと仕事を獲得できません。

実際にRelanceが調査した「フリーランスエンジニア白書2023」でも、フリーランスエンジニアとして働く中で最も大事なこととして「エンジニアとしての技術力・経験」、続いて「絶え間ない向学心・学習意欲」が挙げられています。

【2023年版】フリーランスエンジニア白書 1000人に聞いた!フリーランスエンジニアの実態調査-2023年1月-

高い専門的なスキルを持っている人材は学習力や能力が高いと判断されるため、クライアントから仕事を任されやすくなり仕事の獲得が容易になります。フリーランスとして活動するためには高い専門的なスキルを持っている必要があるでしょう。

フリーランスが身につけておきたいスキルや知識って?・・・>>

責任感を持って仕事に取り組める人

フリーランスは仕事の責任を自分で負う必要があるため、責任感を持って仕事に取り組める人が向いています。フリーランスは、クライアントとの仕事の契約を自分で行うため、仕事の責任をフリーランス本人が負います。

万が一仕事でミスが発生した場合やクライアントに損害が発生した場合、自分で責任を負う覚悟が必要です。フリーランスには責任感を持って仕事に取り組める人が向いている人といえるでしょう。

向上心が高い人

フリーランスは常にスキルアップする必要があるため、向上心が高い人が向いています。フリーランスは自分の力で仕事を獲得しなければならないため、自分をアピールできるスキルや実績を持っている必要があります。

他のフリーランスや会社員に比べて差別化できるスキルを持つ必要があり、そのためにスキルアップは欠かせません。日々新しいスキルや知識を得るために学習や成果を出すことが求められるため、向上心が高い人でないとフリーランスとして成功することは難しいでしょう。

変化に対応できる人

フリーランスは、クライアントの要望や時代の変化に柔軟に対応していく必要があるため、変化に対応できる人が向いているでしょう。フリーランスはクライアントと直接契約をしており、仕事を継続的に任せてもらうために時には急な依頼を受けることがあります。

また、近年は変化が激しい時代のため、求められるスキルや必要な知識が日々変化しています。仕事内容や求められるスキルなどの急な変化にも臨機応変に対応する必要があるため、フリーランスに向いている人は変化に対応できる人です。

オンとオフの切り替えが上手い人

フリーランスは自分で仕事の管理を行う必要があり、オンとオフの切り替えが上手な人が向いています。フリーランスは自分で仕事をする時間とプライベートの時間を決める必要があり、自己管理能力が優れていないと、仕事が進まない場合や仕事ばかりの生活になる可能性があります。

仕事とプライベートの切り分けを自分でできる人でないとフリーランスとして生活していくのは難しいです。

自由に仕事を進めたい人

フリーランスは自分の好きに仕事を選べるため、自由に仕事を進めたい人におすすめです。フリーランスは自分のやりたい内容やしたい働き方の仕事ができるため、仕事内容やライフスタイルを自由に決めたい方には向いているでしょう。

特に近年はリモートワークなどの働き方で自由度を高めたい人も多く、フリーランスであれば自由な働き方を実現可能です。普段の仕事がルールなどが厳しく不自由さを感じている場合、フリーランスとして働く方が向いているかもしれません。

お金の管理ができる人

フリーランスは自分の仕事や提供するものの適正価格や目標とする売上などを自分で決める必要があります。

また、確定申告も自分で行うため、経費の適切な管理と領収書の保管、帳簿での管理なども自分で行わなくてはなりません。なににいくら使っていて、収入の見込みがどのくらいあるのか、細かく管理できるタイプの人はフリーランスに向いているといえます。

人脈形成が得意な人

フリーランスは、人脈形成が得意な方に向いている働き方です。

フリーランスの場合、自分で案件を獲得していく必要があります。フリーランス協会がおこなった調査「フリーランス白書2023」においても、案件獲得チャネルとして「人脈経由」が多数を占めていました。また、案件は獲得するだけでなく継続することも重要です。

安定して案件を得るためには、幅広い人脈と信頼関係を築く必要があります。さまざまなイベントやセミナーに積極的に参加し、多くの人と交流を持ち人脈を広げられる人ほど、フリーランスとして活躍できるでしょう。

▼関連記事
フリーランスに人脈は必要?人脈を広げるメリット・デメリットや人脈を仕事に繋げる方法について紹介

フリーランスに向いていない人の特徴や性格6選

フリーランスに向いていない人の特徴や性格は下記6つです。

  • 会社員と同様の安定性を求めている人
  • 自己管理ができずサボってしまう人
  • 成長意欲が低い人
  • 最後まで責任を持って仕事をやりきれない人
  • 簡単に自由と高年収が手に入れられると思っている人

フリーランスは自由度が高い分成功するためのハードルが高いため、自己管理ができない人や成長意欲の低い人には向いていません。

会社員と同様の安定性を求めている人

フリーランスは収入面や社会保障などで会社員より劣るため、会社員同様の安定性を求めている人には向いていません。フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があり、仕事がない人は収入が全くありません。案件を獲得できないうちは安定して稼ぐことが難しいため、安定性を求める人はフリーランスに向いていないといえるでしょう。

また、社会保障などのサポート面もフリーランスの場合弱いため、会社員と同様の安定性を求めている人にフリーランスはおすすめできません。

自己管理ができずサボってしまう人

フリーランスは、自分で仕事の管理をしなければならないため、自己管理ができずサボってしまう人には向いていません。フリーランスは仕事の獲得から業務管理まで全て自分でする必要があり、自己管理能力が長けていないと仕事を円滑に進められないでしょう。

また、計画的に仕事を獲得していかないと特定の期間しか稼げずに生活も不安定になります。自己管理ができずサボってしまう人は、フリーランスに向いていない人といえるでしょう。

成長意欲が低い人

フリーランスは常にスキルアップが求められるため、成長意欲が低い人には向いていません。フリーランスは個人で仕事を獲得する必要があり、周りの人材よりスキルや知識をつけて仕事ができるアピールをしなければなりません。

成長意欲が低い人はスキルアップのために努力ができないため、他のフリーランスと差が開いていってしまいいつまでたっても稼げるようにならないでしょう。

最後まで責任を持って仕事をやりきれない人

フリーランスは仕事への責任を全て自分で負わなければならないため、最後まで責任を持って仕事をやりきれない人には向いていません。フリーランスは仕事を自分で獲得し、仕事上の責任を自分1人で負います。

クライアントに迷惑がかかった場合は自分で責任を取らなければならないため、責任を負いたくない人はフリーランスに向いていない人といえるでしょう。

簡単に自由と高年収が手に入れられると思っている人

フリーランスになれば簡単に自由な働き方や高年収が手に入ると思っている人も、フリーランスになるべきではありません。フリーランスはスキルや実績があれば高単価で自由な働き方の案件を選べますが、最初から理想通りに働ける人は少ないです。

最初は地道に経験を積むことからスタートする人も多く、フリーランスになれば誰でも自由と高年収が手に入ると考えてはいけません。理想のフリーランスになるためには、日々の業務で着実に成果を出し、日々スキルアップをして市場価値の高い人材になる必要があります。

フリーランスになって後悔しないために必要なこととは?・・・>>

コミュニケーション能力が低い人

コミュニケーション能力が低い人もまた、フリーランスには向いていません。

フリーランスとして活動する上で重要なことの1つとして挙げられるのが、自分自身で案件を獲得していくことです。コミュニケーション能力が欠けていると、営業がうまくいかず、案件を得るのが難しくなってしまいます。

また、コミュニケーション能力が低い人は、人脈の幅も狭くなってしまいがちです。そうなると、安定して仕事を獲得することが難しくなるため、フリーランスの働き方は向いていないといえます。

コミュニケーション能力に自信のない方は、イベントやセミナーなどに積極的に参加し、まずはコミュニケーション能力を鍛えるとよいでしょう。

フリーランスのメリット

フリーランスには多くのメリットがあります。上記のフリーランスに向いている人に該当する場合は会社員として働いているとき以上の収入や自由な時間を確保できるかも知れません。自分の特徴や性格と合わせて、以下で紹介するフリーランスのメリットもよく把握しておきましょう。

自由に働ける

フリーランスは自分の裁量で決められる範囲がとても広いです。

  • 業務内容
  • 業務量
  • 収入
  • 働く時間
  • 働く場所

このような、会社員であれば会社側で決められてしまうものを自分で決めることができます。

【2023年版】フリーランスエンジニア白書 1000人に聞いた!フリーランスエンジニアの実態調査-2023年1月-

実際にフリーランスエンジニアとして働く人も、フリーランスのメリットとして、「働く場所・時間に縛られない」ことを最も多く挙げています。

高収入が見込める

会社員として働く場合は、必ずしも自分の業務量と収入が比例するとは限りません。しかし、フリーランスの場合は業務量も業務に対する報酬も自分で決めるので、頑張れば頑張るほど収入は増えていきます。

とくにエンジニアなどお仕事の単価が高い業務の場合は、早い段階で会社員よりも年収が高く場合もあります。自分の頑張りが収入に直結するため、お金をモチベーションとしている場合は大きなメリットになります。

幅広い人脈が築ける

幅広い人脈を獲得できるのもフリーランスのメリットです。人脈が増えることで下記のようなメリットがあります。

  • 対応する案件が増え、業務の幅が広がる
  • 収入を得るクライアントが増えるので業務が安定する
  • さまざまな業界の情報が得られる

どれも新しい仕事につながるとても大きなメリットです。

節税効果がある

フリーランスは事業に必要な経費を控除できます。例えば、業務で使用するPCやオフィス家具などを購入した場合、10万円未満であれば全額経費として計上できます。もし、自宅をオフィスとして使用している場合は、家賃や光熱費、通信費なども経費計上できます。

また、確定申告する際に青色申告する場合は最大65万円まで事業所得から差し引くことができます。うまく制度を利用すれば、会社員よりも多く節税できるかもしれません。

経営者としての経験を積める

フリーランスで活動するには専門的なスキルに加えて、営業、マーケティング、予算管理、プロジェクト管理など、ビジネス運営に関わるさまざまな知識が必要です。これらのスキルや知識は、将来自分が起業する際に必ず役に立ちます。

このように、フリーランスは自らが経営者としてビジネスを運営し、更に管理もしなければならないため、経営者としての視点を持つことが求められます。フリーランスとして活動を続けると、自然的に経営者としての視点を持つことができます。

フリーランスのデメリット

メリットがある一方で、フリーランスにはデメリットも存在します。フリーランスの道へ進むかどうか、メリットデメリットの両面を把握した上で決断しましょう。

収入が不安定

会社員であれば、原則毎月決まった給料が入ってきますが、フリーランスの場合は契約が減ってしまったり、業務量をこなせなかったりすると収入が少なくなります。

豊富に案件があればある程度収入が安定しますが、特にフリーランスになりたての仕事があまりない時期は収入が不安定になる可能性があることを認識しておきましょう。

補償がない

会社員の場合は怪我や病気をした場合の雇用保険があり、条件を満たしていれば傷病手当が受け取れます。

しかし、フリーランスの場合はこういった補償がないため、怪我や病気で仕事ができない期間は無収入になってしまいます。万が一怪我や病気で仕事ができなくなったときのために、フリーランスが加入できる補償保険などを調べておきましょう。

クレジットカードやローンの審査が通りづらい

フリーランスの場合、定期的な収入がないため、審査官からはリスクが高いと見られることがあります。

「フリーランスエンジニア白書2023」では、「社会的信用が低い」ことが、実際にフリーランスになって感じたデメリットとして1位に挙げられています。

【2023年版】フリーランスエンジニア白書 1000人に聞いた!フリーランスエンジニアの実態調査-2023年1月-

しかし、フリーランスでも安定した収入がある場合や、長期間にわたって同じクライアントから仕事を受けている場合は、審査に通ることができることがあります。また、クレジットカードやローンの審査には、クレジットスコアや資産などの要素も関係してくるため、これらの要素が良好であれば、審査に通る場合もあります。

ただし、フリーランスの場合は、収入が不安定なため、返済能力について審査官から不安を持たれることがあるため、通常よりも条件が厳しい審査を受けることは認識しておきましょう。

仕事とプライベートの区別がつけづらい

会社員は始業時間、就業時間が決められている場合が多いですが、フリーランスの場合は時間の使い方は自由です。働く時間が自由な分、案件を受けすぎてしまって深夜まで仕事をしたり、プライベートの時間が取りづらくなったり、生活のリズムを崩しがちです。

可能な限り仕事の時間は決めておく、オフの日はなるべく仕事をしないなど、自分なりのルールを持つことが大切です。

雑多な業務が多い

フリーランスは自身の専門業務以外にも請求などの管理業務も自分ですべて行わなくてはなりません。

会社員であれば間接部門の方が行ってくれますが、外注しない限りこういった業務も全て自分で行うことになります。自分の好きな仕事だけでは生計を建てられないことはデメリットの1つになります。

稼いでいるフリーランスの特徴3選

フリーランスとして活動する人の中には、すぐに稼げる人となかなか稼げない人がいます。

それでは、稼げるフリーランスには、どのような特徴があるのでしょうか。ここからは、稼いでいるフリーランスの特徴3選をご紹介します。

稼げるフリーランスになりたい方は、ぜひ以下を参考にしてください。

1. クライアントの求めているものを提供できる

稼いでいるフリーランスは、常にクライアントの求めているものを提供しています。

フリーランスの仕事においては、自分のスキルや知識を活かすことはもちろんですが、クライアントのニーズに合った成果物を提出することが大前提です。

稼げるフリーランスの場合、クライアントが何を求めているのかをしっかりと理解した上で、自分のスキル・知識を活用しています。

とはいえ、単に指示どおりの作業をするのではなく、最終的には指示+αでクライアントのより求める成果物を納品することももちろん重要です。クライアントのニーズを考慮した成果物は、自分自身の評価を上げられ、継続的な案件契約につながる可能性も高まります。

常に慎重かつ丁寧な仕事を心掛けましょう。

2. 交渉がうまい

交渉がうまい、というのも、稼いでいるフリーランスの特徴の1つです。

フリーランスで活動していく中では、さまざまな場面で交渉をおこなう必要があります。単価や案件数、働き方など、交渉能力が高くなければ損してしまうケースも少なくありません。

また、案件獲得の際だけでなく、すでに獲得している案件の単価アップにも交渉力が必要です。フリーランスの仕事は、基本的に「成果主義」なので、能力次第では途中で単価をアップしてもらえる場合もあります。

交渉がうまいと、単価アップをしてもらえる可能性も高まり、高単価の案件を持ちやすくなるでしょう。

3. 仕事が趣味になっている

稼いでいるフリーランスの特徴の1つとして、仕事が趣味になっている人も挙げられます。

仕事そのものが趣味になると、モチベーション高く自発的に動けます。また、楽しく仕事を継続できるため、知識の吸収もしやすくなるでしょう。

その結果、自分のスキルをアップさせられ、成果を出すことにもつながり、クライアントからの評価も上がります。趣味のように楽しみながら仕事をすることで、最終的には単価アップも望めるでしょう。

ストレスも感じにくく、楽しくお金が稼げるため、一石二鳥です。「仕事が楽しい」と思える方は、今後のスキルアップにも期待できます。

途中で休憩を挟む、自分の好きな場所で仕事をするなど、仕事を楽しむための工夫をしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスとして成功する3つの秘訣

自由に仕事がしたいという理由でフリーランスになったものの、「なかなか稼ぐことができない」と悩んでいる方も少なくありません。

フリーランスは、ただ任せられた仕事をこなすのではなく、成功するために知っておくとよいポイントがいくつかあります。

ここからは、フリーランスとして成功するための3つの秘訣を見ていきましょう。成果に伸び悩んでいる方、成功したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.事務系作業の効率化をする

フリーランスで成功するための秘訣の1つは、事務系作業の効率化をすることです。

フリーランスは、案件タスクをこなすだけでなく、確定申告や経費の仕分けなど、活動をするための事務作業が発生します。近頃ではそのような作業を効率化するための簡単なアプリやソフトが開発されていますが、慣れていない方の多くが、未だに事務作業にたくさんの時間をかけてしまっているようです。

自身が事務作業にどれだけの時間を費やしているのかを、まずは見直してみましょう。

事務作業にかける時間や手間には報酬が発生しないため、でき得る限り効率化し、案件に多くの時間を使うことが大切です。

便利なツールやアプリをうまく活用し、効率よく仕事ができると、成功に近づけます。

2.適正な価格で仕事を引き受ける

フリーランスとして成功するためには、適正な価格で仕事を引き受けることも大切です。

フリーランスでなかなか仕事を得られない、という方の中には、仕事や単価を考えず、とにかく端から仕事を受ける方も少なくありません。しかし、案件を獲得したいからといって、業務内容と案件単価が釣り合わない案件を受けるのはなるべく避けるようにしましょう。

成功するためには、業務内容と照らし合わせて、適正な単価であれば受注する、と意識づけることがポイントです。

ただし、希望単価があまりに高すぎても、クライアントを失う可能性があります。品質と価格のバランスを保ちつつ、信頼を築くことが継続的な成功の鍵となるでしょう。

3.エージェントを活用する

フリーランスで成功するためには、エージェントを活用することも重要なポイントです。

フリーランスが仕事を獲得する方法としては、一般的な求人サイトから個人のSNS、友人の紹介などさまざまあります。その中でも、安定して稼げるフリーランスになるためには、エージェントでの案件探しがおすすめです。

フリーランスエージェントは、クライアントとフリーランスを仲介してくれるのが特徴であり、面接や契約のサポートだけでなく、単価の交渉も代わりにおこなってくれます。

中でも「Relance(リランス)」はおすすめのエージェントの1つです。とくにエンジニア関連の仕事をお探しの方に向けて、幅広い案件をご紹介しています。サポート内容も充実しており、初心者の方でも安心して利用できるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

55%以上が月額100万円以上!

まとめ

本記事では、フリーランスの働き方が気になる方に向けて、フリーランスはどのような人に向いているのかを詳しく解説してきました。

本記事の内容をまとめます。

  • フリーランスは在宅ワークでもコミュニケーション能力が必須
  • 成功するためにはコストパフォーマンスのよい仕事を選ぶ
  • フリーランスは趣味のように仕事を楽しめる人に向いている

フリーランスとして成功できる自信を持てない方は、一度エージェントに相談してみることもおすすめです。

エージェントを利用することで、自分ではなかなか見つけられない新しい案件に出合えることもあるかもしれません。さまざまな人脈やツールを活用し、フリーランスとしての成功を目指しましょう。

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する